マネしてはいけない…(謎) 〜あたしンちの孵化作戦

2004年4月中旬、度重なる姫ちゃんの不幸に「この不幸っぷり…この仔は 永くないかも知れん…なら、せめて2世を」と
孵化作戦を遂行する事に。手軽に行きたいのでヤフオクで「ヨーグルトメーカー」を、相場よりちょい高めで落札。
牛乳パックに巻き付けるタイプで、広げて発泡スチロールの箱に入れたら 簡単な孵卵器が出来ます。

 ヨーグルトメーカーの表面は45℃とあるが、大体42℃位
 卵の近くと箱の端に、温度計。タオルを置いて その上に卵
 表面は35℃〜42℃(大体は38℃を示していた)

 箱の端に、濡らしたキッチンタオルを2つ。
 湿度計は無し(苦笑)

 転卵は6〜10時間に1回。縦方向にごろんと
 (姫ちゃんがそうやって転がしたので、同じように)
 あまり真面目にやっていなかったので、時間はバラバラ。

 検卵は無し。面倒だったので、全部20日位入れたれ〜〜!!!
 だから何か軽くなっているように変化する卵に
 「死んで固まっていたりして」とか思ったものだ。

 矢印の部分に穴が開いております。
 4月24日産卵、4月25日入卵、孵化5月11日(卵名ZO)です。
 上段右の卵名シン・4月23日産卵も、その後孵化。

転卵はあちこちに〜時間に1回、〜度回転。〜日以降は〜度回転。 〜日以降はしなくてイイ。とか紹介されている。
…そんな事、親鳥がやっている訳無いだろ!!!、何日経った卵か、分かる訳無いやろ!!
全部一緒や〜〜!!!! 一斉にゴロりんやったる〜〜〜!!!
…それで、生まれたんですね。案ずるより産むが安かったんですね(乾いた笑い)

●こぼれ話〜新品ヨーグルトメーカーの罠。
ヤフオクで落札したそれは「未使用品」 だから、なにやら石油製品臭いってーか、ビニール臭いってーか。
明らかに「ヤバイかほり」がします。…でも、使っちゃいました。
数日位で、その臭いは飛んでしまいましたが「らりったヒナが生まれたら…どうしようか」とか思ったのはナイショだ。

今は滅多に見かけない「巻くタイプ」の、ヨーグルトメーカーですが 色々使えそうです。
(これで、ヨーグルトが作られる事はないんだろうなぁ…(^^;)
 ヤフオクで落とした。お値段\1000
 (送料、振り込み手数料入れて\1600)
 巻くタイプは流行らないのだろう…あまり見かけない。

 品薄の所為か、ちょっと前まで\500位だったが
 先日はワタシが落とした金額より、更に上がっていた。
 (鳥のヒーターに使えると、気付いた方が居たのだろうか)

 箱は元々ウチにあったので、買ったのは コレだけ。
 第1期の時 湿度計は、結局買わなかった…

  ○第2期以降の転卵○


自作転卵器・オウチャク1号 

 実は、フードタイマーを改造したもの。
転卵を何とか自動化出来ないか…
あさぶんが生み出したのは、熱帯魚などに使う
「フードタイマー」を改造し、カップ麺のトレーをつけた
「自動転卵器・オウチャク1号」
1日に5回、転卵するように作ったのだ。

時間が来たらトレーは1回転する。
ただ置かれただけの卵は、少しだけ動くのだ。

これの横に、ヨーグルトメーカーを置き
温度&湿度は38℃、60%〜70%位で、安定した。
(あさぶんが買ってきたのだった…ド○キで)

放置する事13日…マシーン止めて3日。今度も孵りました。
…が、毎回毎回ひとには薦められん方法をやらかすんだなぁ。

 2004.5.11

 14号卵・卵名ZO
 4/24産卵、4/25入卵
 5/11、9:00頃孵化。4g

 ヒメウズラのヒナだから、小さ〜い(>_<)

 2004.5.12

14号卵・卵名ZO
フリースボンボンは、雲丹黒のフリース上下
が入っていた巾着袋です。
要らなかったので、上15cm位の所で切り
幅1cm位ののれんみたいに切り、ヒモを縛りました。

鳴き声がピーピー うるさい位です。
疲れ果てやしないかと、心配になります。

孵化翌日だというのに、もう練り餌を食べています。
 13号卵・卵名シン
 4/23産卵、4/25入卵
 5/12 8:20位孵化。
4g。
 
 卵の中でピヨピヨ言うモノの
 24時間経っても出てこないので、あさぶんが
 薄皮を残し、外側半周になる位剥くと
 20分位して自分で出てきた。

 しかし…指が曲がっています。
 2.3日様子見て、治らなければギプスです。

 更に殻に黄身を少し残しているので(画像左)
 根性無いかも…心配だ。


                                       ヒナヒナ物語1ページ目へ   感想はこちら

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー